歯を白くする歯磨き粉の選び方

安全に歯を白くするオーガニック歯磨き粉レビューサイト。歯が黄色くなる仕組みもホワイトニングの仕組みもまるごと解説。

【歯を白くする歯磨き粉】歯が黄色くなる仕組みと、おすすめの歯が白くなる歯磨き粉の紹介

Photo credit: yto via Visualhunt.com / CC BY

Photo credit: yto via Visualhunt.com / CC BY

毎回 朝昼晩と毎食後に歯を磨くなんて面倒!朝と夜だけで十分!

歯間ブラシ?病院じゃないんだから、家ではやりません。

でも、コーヒーもチョコレートも大好きっ!

タバコ吸います…(禁煙大変だし…)

 

こんな生活を送っていませんか?ちょっと自分の歯を見てみてください。おそらく、あなたが思っている以上に黄色くなっているのではないでしょうか?

そりゃそうです。コーヒーやチョコレートの着色汚れは、丁寧に磨かないと落としきれませんから。

歯間ブラシの習慣がなければ、歯石も歯垢も溜まってきて当たり前です。歯と歯の間が隙間なく見えるのは、歯並びがいいからではなく、実は歯石が溜まっているだけという可能性もあります。

もちろん、毎回丁寧に歯を磨いてきた方もいるでしょう。でも、残念ながら、歯というのは、きっちり磨いていても黄色くなっていくもんなんです。これ、知らない人多いと思います。
(私は勉強するまで知りませんでした・・・)

 

『歳をとるだけで歯が黄色くなるなら、どうしようもないじゃん…』

 

ちょっと、絶望してしまう事実ですよね。

だって、歯が黄色い人は白い人に比べて好印象ではありませんから。いくら笑顔が素敵でも、です。

歯が黄色ければ、笑うたびに不快感を与えかねません

 

どうすれば、黄色くなった歯を白く美しい歯に戻せるのでしょうか?

どうすれば、自分の歯を美しく白いままで保てるのでしょうか?

そもそも、そんなこと可能なのでしょうか?

 

安心して下さい。

ありがたいもので、審美歯科(ホワイトニング)の歴史は1890年末から始まっていて、現在までその経験と技術は蓄積されてきています。

 

つまり、歯を白くする方法はあります。むしろ、解決済みの問題なんです。

 

あとは、あなた自身がホワイトニングをするか否かの決断を下すだけです。

さらに、うれしいことに、あなたが日本人の場合(もしくはアジア系)、もともとの肌の色が黄色っぽいために、そこまで歯を白くしなくても目立たない。むしろ、真っ白ではない方が本来の肌の色と相性が良いという特性もあります。

そういった人の場合、もしかするとホワイトニングをするまでもなく、歯磨き粉を変えるだけで満足できる白さになるかもしれません

 

もし、そんな歯磨き粉があったとしたらどうでしょう?

歯が白くなる歯磨き粉を、使ってみたいと思いませんか?

 

私は使ってみたいです。

市販の適当な歯磨きをを使うよりも、しっかり着色汚れを落としてくれて、歯を本来の白さに戻してくれる歯磨き粉があるなら、使わないのは勿体ない気がします。

 

市販の歯磨き粉で十分だと考えている人もいるかもしれません。

でも、市販の歯磨き粉には「ラウリル硫酸ナトリウム」など、危険性が指摘されている成分が入っているものが多いです。むしろ、そういう歯磨き粉が一般的です。

販売している企業は、人体には問題がないといいます。しかし、その成分を勧めていない歯医者さんもいます。さまざまな情報の中から、専門家ではない一般人が本当に自分にあった商品を見つけ出すのは困難です。

できるだけ化学薬品を使わず、無添加にこだわった、オーガニックで安全な歯磨き粉を選びたいという気持ちは誰しも同じではないでしょうか?

 

そう思うのはごく自然なことで、そういう人のための歯磨き粉も販売されています。

 

もし、歯磨き粉を変えるだけで満足できる歯の白さになるのなら、病院でホワイトニングするのは後回しでいいかもしれませんよね。

もちろん、直ぐに歯を白くしたいという方もいると思います。例えば、モデルの方や営業担当者などなど、対面を大切にするお仕事の人はそうでしょう。

そういう人の場合は、すぐホワイトニングする必要があるかもしれません。ただ、ホワイトニングした後に、白くなった歯を長持ちさせるためにも、歯が白くなる歯磨き粉を使っておいて損はありません。

どちらにしても、歯磨き粉にこだわることは、歯にとって良いことです。

 

今まで歯をそこまで意識したことがない。

歯磨きは我流で十分。教えてもらう必要なんてない。

歯のクリーニングのためだけに、歯医者になんて行かない。

 

こういう考え方から一歩踏み出し、意識改革して歯を丁寧にケアしていきましょう!

もちろん、自分の歯が白くなると嬉しいものですが、目の前の相手が自分に好印象を持ってくれることの方がメリットが大きいかもしれません。

歯が白く美しくなることは、歯が黄色い時よりプラスになることはあっても、マイナスになることはないです。

さて、では早速、歯が黄色くなる仕組みと、おすすめの歯が白くなる歯磨き粉を紹介します。↓

どうして歯が黄色くなるのか?

歯が黄色くなる理由を知っておくと、自分の歯の色が多少黄色くても不安にならなくて済みます。歯は誰しも黄色くなるもので、病気ではありません。

黄色くなるという現象自体は防ぐことは出来ませんが、遅らせることは出来ます。

コーヒーやタバコで歯が黄色くなる理由

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みとは?

一言で「ホワイトニング」といっても、さまざまな種類があります。それぞれの特性もあります。

もし、あなたがホワイトニングをするなら、身体に負担にならない方法を選ぶのはもちろんのこと、財布にも優しい方法を選びたいのではないでしょうか。

ちょっと高価でも、病院で一気にホワイトニングしたい人。自宅で低価格でホワイトニングしたい人、それぞれ適した方法があります。

なぜホワイトニングで歯が白くなるのか?

歯のホワイトニング料金はどれくらい?料金相場について

安かろう悪かろうの病院でホワイトニングしてもらうと、あとあと後悔するかもしれません。

ですので、多少高くても良い病院を選ぶべきです。かといって、高額な料金の病院ほどよい病院だというわけではありません。

一般的なホワイトニングの料金相場を知っておくと、良い病院を選ぶときの基準になります。

歯のホワイトニング料金はどれくらい?料金相場について

歯の漂白は危険か?ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの安全性について

病院で行うオフィスホワイトニングも、自宅で行うホームホワイトニングも、ほぼ同じ薬剤を使うことになります。

この薬剤は適当に扱えるものではありません。また、気軽にドラッグストアで買えるようなものでもありません。ホワイトニングは、安全性が担保された状態で使わないと危険です。

決して、適当な商品を海外から個人輸入して、自己流でホワイトニングしようなんて考えないで下さい!

歯の漂白は危険か?ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの安全性について

ホワイトニング用の歯磨き粉で歯は白くなるのか?おすすめのホワイトニング用 歯磨き粉はコレ!

ホワイトニングとは治療よりも、「美容」に近いものです。すぐさまホワイトニングしなければ死んでしまうというものではありません。ですので、まずは歯磨き粉にこだわってみてはいかがでしょう?

本来の自分の歯の白さで満足できれば、ホワイトニングしなくてもいいと思えるかもしれません

ホワイトニングする気はないし、市販の歯磨き粉で十分と考えている方もいるかもしれません。でも、市販の歯磨き粉に人体に危険な成分が含まれているとすればどうでしょうか?

本当に今のままの歯磨き粉を、今後数十年使い続けて、身体に異変はないと言い切れるでしょうか?

10年後に後悔するよりも、今できる限り良い歯磨き粉に変えておきましょう。

ホワイトニング用の歯磨き粉で歯は白くなるのか?おすすめのホワイトニング用 歯磨き粉はコレ!

歯を白くする歯磨き粉「besmile」レビュー

ホワイトニング用の歯磨き粉で歯は白くなるのか?」の記事で紹介しているbesmile(ビースマイル)のレビュー記事です。

besmileは、無添加にこだわった薬用ホワイトニング効果のある歯磨き粉です。

商品内容、商品の特徴、10円玉を使った洗浄力比較実験などなど、besmileの特性を詳細に解説しています。

洗浄効果に驚き!歯を白くする歯磨き粉「besmile」レビュー

2016/12/25